知事選挙での対話が面白い。
先週の木曜日から知事選挙が始まっています。
スーパー前でのチラシ配りや宣伝活動。知り合いへご意見聞いたりしています。

「医療・福祉を充実してほしいから今回は野口さんに託そうかな」70代女性、「国の安倍政権はなんとしてもストップさせなければ」50代男性、「リニア中央新幹線は来なくてもいい」60代男性。

20代、30代の若い世代は「子どもの医療費窓口無料化なんとしても実現してほしい」「(リニア)は環境破壊つながるのはいやだな」「(今さら)中止できるの?」「県政が南信地域に手厚くするためにリニアに期待している」などなど。

史上最大になった借金県政を健全化に導きながら子どもの医療費窓口無料化を実現していくには、田中県政時代に1000億円の無駄遣いをただしてきた野口しゅんぽうさんしかいない。

リニア新幹線についてはまだまだ有権者に知られていないことが多い。一日1700台のダンプカーを生活道路を通る可能性があったり、地下水への影響、電磁波や騒音…。
飯田線の高速化や具体的な県の財政状況を示しながら具体的な対案を示していくことがカギだ。