私は毎週金曜日の朝と夕方に脱原発のスタンディングと集会でのコールをしてい
ます。

一昨日、一緒に活動している方で無党派の方と選挙後についておしゃべりしました。

今度の選挙で原発の議論が盛り上がらなかったこと、自民党の一強のことなどについて意見を交換しました。

「安倍政権をすぐにでも打倒するなら野党で選挙協力して共闘すべき」というのが彼の意見でした。

私は「政策協定などなく、選挙だけの共同は野合になり、結局、国会内の議員活動で投票してくれた有権者を裏切ることになる」と話しました。
同時に日本共産党も一翼をになっている沖縄での米軍基地県内移設反対での共同のことも話しました。

最後に話になったのが、植草一秀さんという人がブログで初めて日本共産党も含めた野党が一致して安倍政権と対決する時代がくると書いたことを紹介してくれて、「これから国会内外で日本共産党の幅広さ、懐の深さが問われる時代になってくるね、水野君はよく話を聞いてくれるから期待している」とエールを送ってくれました。

引き続き様々な方とおしゃべりしていきたいと思います。その上でも今回の日本共産党の8議席から21議席という大躍進は大きな意味があるのだなと実感した1日でした。