今日の赤旗4面に注目の記事が掲載されていました。
与野党衆参の議員がテレビ番組で司会者の「小選挙区制はおかしいと思う人は挙手を」
よびかけになんと全員が手を挙げたそうです。
20171031赤旗4面

小選挙区比例代表並立制は有権者の6人に1人しか自民党に入れていないのに議席の6割を占めるのはほんとに政治をくらしから遠ざける制度です。
結局、小選挙区で地域の代表を1人に決めれば「当選する人に」と大政党に有利になるし、接戦で比例復活を狙ってやっぱり比例の多様な意見の反映というお題目でも結局、票を活かしたいという心理が働けば大政党有利になるしくみだなとつくづく思う選挙戦でした。

20171031中日2面

参院の民進党は残るそうですが他党に移籍した人は居られないのは当然ではないでしょうか。
こういうところがわかりにくく、「ご都合主義」と政党を信頼できなくなることにつながる気がします。

話は変わりますがノーベル平和賞の授賞式に被団協の代表の方も参加されるそうです。1人は長野県にお住まいの藤森さんです。
今度のICANの平和賞受賞を核廃絶に向けて一つの節目にしたいですね。本日の中日新聞27面

20171031中日27面