本日、党飯伊地方議員団(5人の市町村議)と一緒に県南信州地域振興局農政課に対し、「市田柿関連企業の破産に伴っての農地の荒廃を防ぐための申し入れ」を行いました。

①市町村の農政課と連携をし、地権者に情報を伝えれるよう対応をお願いすることと、②地権者への「説明会」など時期をみて情報を伝える努力をしてほしいと申し入れをしました。

県、南信州地域振興局の農政課としても9月末から市町村と連携し、情報交換をしていて、10月上旬に会議を行ったと報告がありました。
影響する農地面積などを共有し、継続して連携を強めているとのことでした。
かぶちゃんファームと農地中間管理機構との協議を先行的に進めながら市町村と共有し、個別契約への協議に対応したいとのことでした。
伝えられる情報は伝える努力をしていただけるよう再度お願いし、懇談を終えました。
危機感を共有することができてよかったです。
3社から取材がありました。

農政課申し入れ